お一人で悩まず、まずはご相談ください。【秘密厳守】0994-45-6000電話受付:平日9:00~17:30(土・日・祝祭日休)

個人のお客様|離婚・遺言相続・成年後見制度・交通事故・B型肝炎訴訟など 法人のお客様|企業法務、顧問弁護士、売掛金回収など 法律相談|お一人で悩まず、まずはご相談ください。
早川法律事務所業務案内


遺言書は厳格に要件が定められているため、せっかく遺言書を作成しても、法的に無効なものとなってしまい、遺産分割の際のトラブルの種となってしまうことがあります。
 また、遺産分割は、親戚同士の対立を招いてしまうおそれもございます。
 法律の専門家である弁護士が、あなたの遺言書作成、遺産相続問題の解決をサポートします。

相続方法は3つあります。

相続には単純承認、相続放棄、限定承認という3つの方法があります。

1.単純承認
被相続人の財産を、プラスの財産もマイナスの財産も全部まとめて引き継ぐことをいいます。

2.相続放棄
被相続人の財産を、一切引き継がないことをいいます。

3.限定承認
相続人が、プラス財産の範囲内でマイナスの負担も引き受けるという条件付きの相続です。

被相続人に莫大な負債がある場合などは、相続放棄の手続きをとるのが得策といえます。
相続放棄は法律上、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に家庭裁判所に申述しなければならないとされています。

遺産分割の3つの方法


遺産分割の方法には、協議による分割、調停による分割、審判による分割の3つがあります。

1.協議による分割
相続人が複数いて遺言もない場合や遺言から漏れている財産がある場合、相続人の間で遺産分割に関する「協議」が必要とになります

2.調停による分割
調停官・調停委員が入り、話し合いで分割内容を合意する手続きです。
共同相続人の間で協議がまとまらない場合、各相続人は家庭裁判所に遺産分割調停の申立てをすることができます。

3.審判による分割
調停が不成立となった場合、審判手続きに移行します。
審判は話し合いでなく、家事審判官が職権で事実調査及び証拠調べを行い、 当事者の希望なども考慮しながら遺産分割の方法を決めます。

相続には家庭裁判所への申述など非常に難しい手続きもあります。
遺言書を作成したい方、遺産の相続問題でお困りの方、当事務所までお電話下さい。

専門家へのご相談が、早期解決の近道です。お一人で悩まず、小さなことでもご相談ください。







厳選交通事故弁護士ナビ|交通事故で悩まれているあなたを親身にサポート

厳選相続弁護士ナビ|あなたの相続問題を厳選された弁護士gがサポート

早川法律事務所iタウンページ

早川法律事務所Facebookページ


【鹿児島県】

鹿屋市、垂水市、曽於市、志布志市、曽於郡(大崎町)、肝属郡(東串良町、肝付町、錦江町、南大隅町)




早川法律事務所

 〒893-0011
 鹿児島県鹿屋市打馬2丁目2番27号
  TEL:0994-45-6000
   (平日9:00~17:30)
  FAX:0994-45-6001
   FAXお問い合わせ用紙
   メールお問い合わせ
  
 【駐車場有】

【地図】




FAXお問い合わせ(PDF)を読むにはAdobe Reader(アドビリーダー:無償ソフト)が必要です。
ご覧になれない場合は上のアイコンをクリックされ、Adobe Readerをダウンロードしてからお読みください。



メール相談はこちら FAXでのご相談はこちら